King And Queen Of Sleep Chapter I -Valkyrie and Unknown Knight-

I am Kie, 22 years old, and I grow up as a princess in Airo Kingdom. I have short tempered father, and a patience mother. Until now, my mother still helped this kingdom as an arch-mage rather than as a queen. And last, I have my little brother, he is my twin little brother, named as Kai. And now, I’m in this kingdom know as front line captain with my brother rather than princess and prince.

30 years ago, my father run away from civil war and built this kingdom. Now, it has stable situation as my father caring his people. As a lot of adventurer come and work in this kingdom, the economy situation is also stable. Also there’s a low tax system so he is gaining people’s favor. Because of that, this kingdom accountant always had a headache. As in my father’s blood, I also have his personalities that I like slipping out from castle. I like city’s festival and going to guild.

“hey, lady with conspicuous attire over there”

Suddenly I heard a man’s voice in this crowd

“me?”

“yes, in this crowd only you that wear that conspicuous attire”

When I see him,  he is wearing a capped mantle, isn’t he that wearing conspicuous attire?

“are you even from this kingdom?”

“how did you know”

“A lot of Airo’s people know me, if you’re not knowing me, there’s 80% chance that you aren’t from this kingdom”

“also look at that weird clothes, why you wearing a capped mantle in this kingdom”

“ugghh… I’m sorry that I’m wearing this, my job need this kind of clothes”

“so, are you  an assassin? another country spy? though if you are one I can call the guard”

“no, please forgive me, I’m just a humble adventurer with a fortune teller as my job”

“heee… a fortune teller, not like I care”

“So do you want to try it? If you don’t believe it, just take a grain salt, or just take a little caution about it”

“How much?”

“in the end you want to try, isn’t it?”

“yeah, i want to try it and if it doesn’t come true i will laugh it on your face, hahhahaha”

“please forgive me from that one, it’s 5 ewu”

“deal”

“please let me look at your hand”

I give my right hand, it’s true that I didn’t trust a fortune telling, but i can’t shake my bad felling if he tell something bad. Maybe i will take some caution like he said.

“THIS!?!”

“is there something wrong”

“lady.. please forgive me…”

his hand shaking, is there something not right with my hand, or he really did see something bad in in my life, i feel anxious

“please tell what you saw”

“soon, you, your twin, and this kingdom will through a great change”

I know that I didn’t believe a fortune teller, but why he know that I have a twin brother, but now something that bother me is…

” a great change?”

“something big, something evil will come”

“……………………………….”

“be careful lady, I will pray for your fortune”

that man leave in a hurry and dropped a map

“map?”

there written “secret underground passage”. Because I feel something important about this map, in the end I keep it

When I arrive at home, as usual, Kai greet me

“Welcome,where have you been”

his face shows that ‘if you wanna go out, why you are not inviting me?’

“as usual, just strolling around”

“UNFAIR”

“why?”

“why you are NOT inviting me?”

“cause you always nagging, can’t stop talking, what if father’s know that I like slipping out”

“HMPH”

“oh god, seriously”

I walk to my room and think about what that man said, and then..

“are you alright?”

“before, when I’m taking a stroll, I met a fortune teller, and he said that a big change will come to us and this kingdom”

“………Did you believe it?”

“I didn’t believe it, but it always in my mind, i can’t shake it off”

“Whatever will be, I will always protect you, and mother”

I smiled when i heard Kai’s word, a word that a hundred, no, a thousand times he said it to me. But I never bored to hear it.

“I will do my best”

人間も動物?

人間は動物に近い。両者は生活のしかたが大体同じ点がある。たとえば、

1.人間と動物も独りきり生きっているのは無理である。

2.何も食べないのは生けない。

3.一息を止めたら死ぬ。

4.赤ちゃんのためには一生懸命頑張っている。

5.次世代の為には子供が必要な者だ。

だが、なぜ人間が動物から違う?それは人間は私的な者である。前の失敗から勉強して、次の同じ問題を成功になった、でも、ある行動が動物より悪いである。たとえば、婦女暴行や、殺人や、責め苦などである。結局悪い点と良い点を抜いて人間と動物に似ている。

ラノブと小説の共通点と相違点

小説は長く深い内容をもっている。『ハリ・ポッター』や『トワライト』や『ペルシー・ジャックソン』など有名な作品がある。小説は五百ページ以上あるから小説の本がとても重くなっている。小説に比べてラノブはとても薄いである。ラノブは二百五十ページから三百五十ページまでの本ので、内容は理解し安いである。

小説はページの範囲が厚いから第一章を話すのが一冊が十文である。そして、小説の語りはだいたい理解しにくいから同じページを繰り返て読むのは必要と思う。それに対してラノブは薄いだから、第一章を話すために一冊以上という点で小説と違う。さらに、ラノブの語りは小説より理解し安いと思う。また、ラノブは絵がある。しかし、小説は絵が無い。

小説もラノブも、どちらも文献である。そして、小説もラノブも、本の作品と言う点では共通している。さらに、小説もラノブも、空想をもとに語りを作ると言う点では同じだ。

このように、小説とラノブと、同じ点があったが、違いものもある。

なぜ「ゲーム」をしっている?

「ゲーム」はもともと英国の言語である。最初のビデオゲームはアメリカの始めアタリ会社である。今までゲームをする人はたくさんになるからたくさんゲームが作る。

あるときに授業をサボってる、ゲームをする。その生活はよろしいだろうか。オディエンスサーベイによると、『ゲームのアチーブメントが友達に見せるから」そして『ストレスを柔らげるので」彼らはゲームをする。それと『気分が快いのために」と『外国語を練習のため」が目的がある。

ゲームをするのは悪い点があるけど、良い点もあると考える。

インドネシアの試作車が失敗しました

Selo-Mobil-Listrik-Indonesia

インドネシアはインドネシアの車を造ることがありました。この試作車が普通の車じゃない、エレクトリック車です。ですけど、その試作車がテストで色々な問題があるといわれています。

第一の原因はその車が道路で危ないから。最大速度が29km/h、もし速さが70/80km/hのうえに、その車の機がオーバーヒートになりました。第二の原因は排出テストが失敗したと言われました。

この理由から、その車が販売したのは不適当だと失敗しました。でも、それは事実ですか。

まず、排出のてすとです。それはエレクトリック車ですよ。きっと排出がないですよ。次、機がオーバーヒートのことです。ダーランイスカンの以前の試作車、テゥクシー(Tucuxi)が失敗しました。ブレックが失敗しますたが、テゥクシーの機が丈夫です。

ですから、インドネシアの試作車の失敗問題はその車に問題じゃありませんと考えます。多分、政治家がその車の完成が邪魔と思います。